著書

●騒音・振動の対策と防音・防振材料の適用 (株)R&D支援センターChapter1Section2(2017.7)pp17-28
●技術シーズを活用した研究開発テーマの発掘 技術情報協会Chapter11Section1(2013.7)pp473-479
●自動車材料の樹脂化による車体軽量化 技術情報協会Chapter7Section3(2013.2)pp549-553
●小特集「音響管による垂直入射吸音率測定」にあたって 日本音響学会誌Vol68No9(2012.9)pp461-462
●遮音・吸音材料の組み合わせ・設計と評価[事例集] 技術情報協会Chapter3Section7(2012.5)pp127-136
●自動車部材への応用を中心とした樹脂発泡成形技術と適用事例 技術情報協会Chaper3,Section7(2009.10)pp300-308
●高分子制振材料・応用製品の最新動向U シーエムシー出版Chapter2(2009.10)pp18-33
●制振工学ハンドブック コロナ社 3.2吸音・遮音特性の基本的概念3.2.1(2008.5)pp483-486
●防音・防振材料の特性と賢い利用法 機械設計Vol.49,No.8(2005.6)pp28-33
●防振材料 騒音制御Vol.29,No.3(2005.6)pp153-158
●多孔質材料の吸音特性 日本音響学会誌Vol.59,No.6(2003.6)pp329-336
●制振材料 騒音制御工学ハンドブック[資料編]2.2各種材料の振動特性2.2.1(2001.4.15)pp41-49
●制振材料 地域の環境振動第8章8.2(2001.3.25)pp170-175

●排水性舗装の音響特性 騒音制御Vol.25,No.3(2001.3)pp149-154
●制振材料とその特性 音の環境と制御技術,第1巻基礎技術,第5章,第2節(2000.2.24)pp675-700
●制振材料の概要−ゴム・エラストマーなど− 高分子制振材料・応用製品の最新動向,第4章1(1997.9.30)pp41-50 
●最新の防音・防振材料の話題−材料の新たなる開発のために− 新素材Vol.8,No.4(1997)pp50-54


以下工事中、しばらくお待ち下さい。