演奏ホールのある住宅 木材刻み作業


@材木が作業場に到着。伐採後四面を削り背割りを入れてあるものの、
見た目はまだまだ  荒々しいものです。
Aある程度の太さの材木には背割りに楔を打ち込み、
この後の割れや狂いを防ぎます。
Bここからは小作りという作業です。そりを取ったり角を
出したりしながら必要な太さに  整えていきます。
C表面にかんなをかけます。かんなくずが美しい!
Dまっすぐひけたかな???
E材の太さを整え終わるとどれをどこに使うか振り分けます。
 一本一本の個性を  見ながらそれを生かせるような使い方をします。
木を見抜くことも職人さんの経験です。
 
Fさて次は墨付け作業。この材の最終的形の下書きのようなものです。
G墨付けには矩尺や墨壺という道具を使います。
H墨付け完了!! ここから実際に刻んでいきます。
I一本の材に最低2箇所はこのように加工していきます。
J  Hの墨付けどおりに削った加工です。
Kこれは梁です。Jの加工に指しこみます。
L柱の加工。書かれている文字や漢数字は番付けといいます。
これによりどの材との  組合せかがわかります。
Mこれも柱の加工です。相手の材が簡単に抜けない
ような工夫がそのまま形に  現れています。
N中にはこんな複雑な加工もあります。
一体どうなっているんでしょう。
O最後の仕上げに再度かんなをかけます。
表面がきれいに光っているのがわかりますか。
P化粧で見せる柱や梁はきちんと包装。
これで長い長い刻みの作業の終了です。
  さていよいよ
棟上です!!


棟上当日の写真















関連LINK 大阪 建築家 塚原建築設計室作品
大阪 建築家 住宅 塚原建築設計室
塚原建築設計室作品(大阪・住宅・設計事務所)
コートハウス 中庭型住まいのすすめ 塚原建築設計室
塚原建築設計室 住宅設計を中心に
大阪・奈良・兵庫・滋賀で活動する一級建築士事務所 建築家


HOME
作  品
大津M邸
完成写真
工事記録
摸  型
木材刻み
プラン