現代の町屋・大阪のT邸 計画案の変遷



PLAN.01 3階建て中庭案A

私共は先ず私共なりの一般的プランを提示します。
今回の場合、奥に長い敷地のため、中庭を挟んで洋室とLDを配置しました。
この案を元に建築主は敷地全体に対する建物の大きさを認識し、
予算との兼ね合いも考慮に入れ具体的規模や間取りをイメージしやすくなります。




2階LD階プラン
東側

西側

1階にワークスペースと駐車スペースをを計画し、2階3階に居住空間を配置。



計画諸条件

計画地
敷地面積
立地的条件
家族構成
設計条件




構造・規模
:大阪市
:北側道路。残り3方は中高層の建物。
:4人家族

:@防犯重視
 A南側・西側のマンションに面した中庭・空地等は×。
 B明るく開放的な住まい
 C洋室2室・和室1室・ フリールーム・ワークルーム・ガレージ
 D近隣の方と談笑可能な広い玄関
:鉄骨ALC造・2階建てロフト付き・施工延べ床約51坪



PLAN.02 3階建て中庭案B

PLAN01と同時に提案したものです。
部屋全体をL型に配置し、前案に比べ極力廊下を少なくしています。
ただ、南側からの採光がリビングにも届きにくい物になり、
この段階ではPLAN01の方が有力でした。



2階LD階プラン
東側

西側



PLAN.03  2階建てスリット型中庭案

近隣諸条件の問題で、大きな中庭タイプは取り止め、
小さな最低限の中庭で何とか採光を確保したいとの建築主要望がありました。
また、3階建て案ではなく2階建て案とすることも決まりました

そこでスリット空地型案を提案しました。
施主もこの案には非常に興味を持って頂きました。
設計者としてはいささか疑問でしたが、最小限の中庭ということも重視しました。





2階LD階プラン
東側

西側




PLAN.05  2階建てとおり庭案

PLAN03は一応施主要望を満たしたものでしたが、
やはり狭すぎる中庭に設計者として疑問がありました。
そこでPLAN. 04で東側とおり庭案を検討しました。
建築主との話し合いの中で東側のビルには側面の窓が少なく、
プライベート上の問題が少ないと判断したからです。

このPLAN .05は、詳細部分は別として
間取り配置の概要が決まったものです。





西側

東側

上部図面とと下記写真とでは階段の配置が異なります。
部屋配置が決まりますと階段配置、扉の位置・キッチン周り等を再検討します。






LAN05を基にした2004/01/24現在の立面図

下図立面図をクリックすると内観スケッチがご覧頂けます。







関連LINK 大阪 建築家 塚原建築設計室作品
大阪 建築家 住宅 塚原建築設計室
塚原建築設計室作品(大阪・住宅・設計事務所)
コートハウス 中庭型住まいのすすめ 塚原建築設計室
塚原建築設計室 住宅設計を中心に
大阪・奈良・兵庫・滋賀で活動する一級建築士事務所 建築家


HOME
通り庭コートハウス
完成写真
工事記録
イメージ
プラン
見積り