☆おいしい紅茶のいれ方☆


日本の水(軟水)で入れる時は、サーバ式がおすすめ!
2杯分用サーバを使うと、簡単に美味しく入れられます。
カップ1杯分茶葉3gです。ティースプーン山盛り1杯分です。
2人分で6g。ティースプーン2杯ということになります。
日本の場合は水道水(軟水)で十分です。
かならず汲みたての新鮮な水を使いましょう。
カルキ臭のある場合は、しばらく沸騰させます。
下から10円玉くらいの泡がボコボコ出るくらい
煮立ったお湯を手早く勢いよく入れます。
香りが逃げないようにティーサーバにフタをして蒸らします。
ダージリンのような大型の葉で4〜5分、
セイロンのような小型の葉で2〜2分半。
葉がサーバの中で動き回り、次第に葉が開き、底に沈んだらOK。
葉が底に沈んだら、茶こしを使い漉し出します。
この時、ティーサーバの底に紅茶の液を残さないように、
最後の1滴まで漉し出すことがポイント。
この最後の1滴は「ベストドロップ」といって、
とても大事な味の要素になります。

※ミルクと砂糖はお好みで。
ただし、日本の水で紅茶を入れますと、他国では考えられないとてもきれいな紅茶の色と、さわやかな香り、爽快感のある渋みが味わえます。
良質な紅茶でしたらストレートがオススメ!


おいしい紅茶のポイント

  1. 色:きれいな色が良い。きれいな色の標準として「色の明るさ・透明感」があります
  2. 香り:紅茶特有の花のような香りと、新鮮な香りを感じるものが良い
  3. 味:爽快感のあるさわやかな渋み。飲み口が良く、もう1杯欲しいと感じられる紅茶が良い。