'97年11月度 鋸山リターンズ!

今回は2本立て。下は私のツーレポ。そしてこのリンクがリーダーのツーレポだ!

駒沢も今日は雨だった・・・か?
 それまでずーっと晴れた日が続いたのに、風まかせの週になって、何やら雲行きが(文字通り)怪しくなってきた。しかし我らがリーダーは自他共に認める晴れ男。で、当日は、ほーらやっぱり晴れた。と言うわけで、Go!
 今月から集合時間が冬時間(1時間遅くなる)になり、集合場所も駒沢公園に変わった。これからは保土ヶ谷バイパスの代わりに、R246 で体をほぐすことになる。以前行ったロケハンのときは大した交通量ではなかったのでタカをくくっていたら、嵐のような大渋滞。いきなりすり抜けバトルが始まってしまった。
 新しい集合場所には、先にRF中村さんとSpada清水さんが到着していた。その後も続々と到着・・・するはずが、どうも集まりが悪い。雨上がりだからかな? さすがに冷える、で、なんとマジェスティの方(名前不明・・失礼!)が水筒にコーヒーをいっぱい持ってきてくれていた。しかも紙コップまで! ありがたや、ありがたや。
 今月は珍しく、集合地点で集合写真。私は撮っていないので、いずれ。そこでっ飛び出したのは、二眼レフ・ミノルタオートコード。すげぇビンテージが現れた。欲しい
 写真は、いつもの雑談風景。最終的な参加者は20名程度。そう言えば、GTS1000が 見送りと称して来てくれたっけ。

ちょっとリッチに行こう
 東京湾フェリーに乗るのが目的のため、行き先は千葉、そうなれば目的地は鋸山に決定。8:30頃にようやく出発。
 最初の集合地点は、東関道・湾岸幕張PA。当然のように首都高に入る。日中の首都高は敬遠していたが、この渋滞はどうだ。いやはや大変なところにはまり込んでしまった。状況は環状線に入ってもあまり変わらず、湾岸線でやっと解消した。私はリーダー、Zephyr佐野さん、ZXR福元さんとフォーメーションを組み走行。


さまようモノたち
 湾岸幕張PAでしばし休憩の後、出発。次の休憩地点は館山道・木更津南ICを降りた後のコンビニ。のはずが・・・
 実はここで自動車道組と下道組に別れた。下道組は大した問題が無かったらしいのだが、自動車道組は大いに問題があった。最初の問題組は、リーダー、Zephyr、私のグループ。何を間違えたか、東関道を直進してしまう。途中で気が付き、四街道ICでUターンし、何とかリカバーできた。
 次の問題組は、GPz750、400刀、VT、NS400のグループ。こちらも東関道を直進、我々よりはるか先で気が付き、やっぱりリカバーしたのだが、NS菊地さんが引き離されてしまい、リカバーできなかったらしい。ちなみに彼らは、我々より速く出発したのに、館山道で我々を追い抜いた。そんなに遠くに行ったの?
 不幸は追い討ちをかける。リーダーが痛恨のガス欠(寸前)で、最寄りのICで降りることになった。残る二人は淡々と(途中休憩したが)走っていたのだが、何とリーダーが追いついてきた! 最後のICを過ぎた後、リーダーのヘルメットには虫が点々。と、その証拠写真。
 もう1枚は、集合地点のコンビニでNS菊地さんを待つ面々。散ったとか、九十九里で飯を食っているとか、いろいろ言われたが、詳細は彼のページをどうぞ。


とりあえず食事
 メンバーを半分に分け、片方はNS待ち、もう片方は食事にする。食事はすぐ近くのイタリア料理専門のファミレス(名称忘れ、失礼)。値段が安く、味もなかなか、そのうえ量が多い! ちょっと癖になるかも。
 待っていた面々も結局同じ店で食事することになった。写真は、その面々、左奥の中村さんだけは先にドリアが到着し、食べるのに夢中・・・

帰ってきたぞ鋸山!
 といっても、私は事の顛末をよく知らないのだが・・・
 FZR土井さんの話によれば、以前(かなり昔)の風まかせで、やはり鋸山に来たそうである。その時は山の上がどうなっているのか知らず、さらにめいめいが勝手に歩き回ったために疲弊・玉砕したそうだ。今回はそのリターンマッチとなる。
 「サザエさん」気分で見てやってください。
まずは山頂で記念撮影。三脚は3つもあったが、誰もここまで持ってこようとしなかった。なんたる不覚。人数が少ないのは、まだ登ってきていないメンバーがいたため。 地獄のぞきを遠方から。この場所だけ岩肌から飛び出しており、しかも下り坂。さらにチープな金網とスリル満点。
百尺観音像。まるで中国のようである。リーダーとの大きさ比較の写真もあるが、ここでは割愛。 大仏像。正式には薬師瑠璃光如来と言うそうだ。ちなみに、この広場には気の弱い猫が一匹いる。


帰りはフェリーで
 鋸山をぐるぐる回って、みんな(裏切り者もいるが)お疲れ気味。帰りはフェリーと決めているので、気が楽であった。・・とここでZephyr佐野さんが疲れてしまいダウン。鋸山が効いたかな? しばし休憩の後、出発。フェリーは15分後に出発とのこと。あわただしくバイクを固定し、切符を買う。フェリーの中では皆さん爆睡モード。こっそり写真を撮ったのだが・・・あれ? データがバグった? と言うわけで映像は消えてしまった。残念。
 最後はR409〜R246〜東名を使って帰宅。家に着いたら9時を回っていた。今までで一番ハードな風まかせだったのではなかろうか。