'97年10月度 箱根〜千本松公園

寒くなって参りましたが、
 皆さん、いかがお過ごしでしょうか・・・じゃなくて。
 今日は別ページで「ダラーっと走る」宣言をしていたので、保土ヶ谷BPもダラーっと走ってしまった。んで、今月でお別れの集合地点・保土ヶ谷PAに着いても、誰もいない。みんなも「ダラー」を決め込んでいる様子である。そのうちMagna平本さんが、今回はGSX-Rで参加。次にZephyr佐野さんが前回の屈辱(?)を晴らすべく登場。ついでCB400青木さん。更にZZ-R毛利さん。
 ・・・ハーレム状態。男衆はどうした?
 しばらく待っていると、続々と登場。そしてなんと、リーダー中島さんが定時に到着! 「イタリアンでいこう」の世話役・吉澤さんも参加宣言をしていたが、db2のパーツが間に合わないらしく、今回はパス。
 で、今回の参加者は28(?)名。目的地は、定番、沼津の千本松公園と決まった。写真は、最後の保土ヶ谷でくつろぐ面々。


めるへんでいこう
 いつもと違い、完全にのんびり行く。最初の集合地点、西湘PAまで、しんがりを勤めると言うメルヘンぶり。あぁカーボンがたまる。でも、これでいいんだ。
 西湘PAは、さすがに大変な盛況振り。止める場所さえ簡単に見つからない。さすがに20台以上のグループは、そう簡単には見つからないし、そんなものを想定しているはずも無い。しばらく休憩&歓談の後、出発。
 次の休憩地点は大観山の予定だったが、道の駅・箱根峠に決定。そこまではR1一本。ところが、腕に覚えのあるつわもの達が、椿ラインのワインディングをチョイス。気合入ってるなぁ。おいらぁダラーっと行くっす。
 箱根の峠道は、観光客でいっぱい。車もいっぱい。更に別のマスツアラー集団と混じってしまった。私とリーダーは佐野さんをガードする形でワインディングに突入。実は3ヶ月前に免許を取ったばかりなのだそうだ。たまにはパスファインダー(先導機)も悪くない。しかし、天下御免の方向オンチ。ナビはあるが、自信はないぞ。とは言っても所詮一本道。おまけに先行集団に取り付いてしまい、あっけなく道の駅に着いてしまった。


「てっぽう」って知ってる?
 道の駅・箱根峠で一時休憩。Spada清水さんに400SSを試乗してもらう。感想は「奇麗に倒れてくれる」そうだ。結構気に入った様子。よしよし。こうやってイタリアンを啓蒙して回るのだ。
 更に、何故か撮影会。何と今回、一眼レフが3台もある。みんな好きだねぇ(←お前もだよ)。リーダーからのオーダーで、バイクと一緒の単独写真を撮る。「使う」のだそうだ。
 昼食の段取りを考える。どうせ千本松公園なので、このまま沼津港で食事にしようと言うことになった。・・・と、ここでリーダーが仕事の都合と諸般の事情で途中退場。理由はあれこれ考えてみてね。リーダーを残し、我々は西へ向けて出発。


はぐれ癖が付いたモノたち
 沼津港までは、R1をひた走り、途中でR414にスイッチ。実に単純な道のはずなのだが・・・
 今回はぐれたのは、FZ山内さん(!)、ZZ-R大森さん、RF中村さん、私。R414にスイッチするところを直進してしまった。実はここまでは計算どおりなのだが、その後のフォローがまずかった。右折する箇所を通り過ぎ、千本松公園さえも通り越してしまったのだった。どこでもいいから右折して、千本松公園を抜け、港で合流することに。堕落モードが爆走モードになってしまった。
 港で合流してみると、あと2人足りない。V-MAXとGSX-Rだ。とりあえず山内さんが探しに行き、残りは食事をする事に。


食事は豪勢に
 なってしまった。
 呼び込みのおじさんに「座敷があるよ」と誘われたのが運の尽き。これだけの大人数をフォローしてもらえるだけでもありがたいと思って行ってみたら、何とも場違いに豪華な店だった。づけ丼を注文(というより、最初から狙っていた)Spada清水さん以下若干名、痛恨の一撃。今日は市場が休みで、づけ丼のネタが無いそうだ。合掌。

 結局めいめいが好きなものをたのむ。いつものことである。味はいいが量が少ない(私だけ?) おまけに高い。誰かがぼやいた「高速料金もヤバいのに、昼飯にこんなに使っていいのか?」


千本松は近い
 沼津港から千本松公園は、目と鼻の先。あっという間に到着してしまった。
 何をするでもなく歓談。一眼レフの3人は、当然のように撮影会。ここで個人的に門大発生。私のジャケットはオレンジ色。帽子もオレンジ色。虫が寄ってくる寄ってくる。帽子などはブチ模様になってしまった。
 ここで、はぐれた2名とFZが到着。何とGSX-Rのバッテリーが上がってしまったのだそうだ。ショックで相当混乱している。帰りがけにキーを忘れていく始末。御愁傷様。
 更に、Fusion、ドラッグスター等、約3名が、「富士山へ行く」と言って出発。現在1500時。これから? 本気? 本気らしい。行ってしまった。
 下の写真は、千本松公園で歓談する面々(の一部)。


帰路で個人的ハプニング
 と言っても、お待ちかねの不幸でも道に迷ったわけでもない。遂に私の400SSが2万キロに到達したのである。そこは交差点の信号待ち。突然止めて、メーターを撮影。周りの人間は、何が怒ったかと思ったらしい(実は、1万キロのときも撮影している)。いよいよ売りに出せなくなってしまった。
 帰りはR1からR246へスイッチし、御殿場で東名高速に乗る。足柄SAと海老名SAで休憩・・・と、軽く書きたいが、もう少し。佐野さんのサポートに全員で回ったのだが、最後まで一緒に走ったのは私一人だった。しかも、足柄から海老名までノンストップで走ってしまった。途中で休めばよかったと反省。パスファインダーがこんなに大変だとは思っても見なかった。以前、会社の人間と2人で走ったときは、追い風・前回でバトル状態だったからなぁ。
 ヘアヌード津島さんが「減ったー」を連発するので、海老名SAで休憩&食事をとることに。その後、出発。私は横浜ICで降りるはずだったのだが、あまりにも混んでいるので、素通りし、川崎ICで降りることにした。R246を逆送し、帰宅したのは9時直前だった。
 今回写真が少ないので、お詫びの一枚。20000キロの証拠写真