'97年7月度 富士山〜白糸の滝ツーリング

シンクロ率?
 まずは私事。その週の中頃、会社の知人が富士山五合目へツーリングに行ったことを聞いた。最近暑いし、それもいいな、と感じた。
 そして先々月(5月)、風まかせの中で、「再来月(7月)は富士山をキープ」という話が持ち上がっていたらしい。
 目的地を決める段階で、何故かみんなが「富士山へ行こう!」と考えていたらしい。何というシンクロ率! まだリーダーが到着していない(既に7時過ぎ)のに、目的地だけは決まってしまった。結局リーダーは7:30到着。速効で出発することになった。ちなみに、今回は3連休の初めということもあって、人数は先月より少ない21名。

今日は調子がいい?
 最初の休憩地点は、おなじみ西湘バイパス、国府津PA。保土ヶ谷でいきなり出遅れてしまったが、すり抜けの段階で、気がついたら頭を取っていた! 国府津PAは現在快走中。今回は、ついに出口付近の駐輪場も閉鎖になってしまい、駐車場の脇に臨時駐輪場ができていた。後から続々と到着。聞いてみると、渋滞の処理に相当手間取ったらしい。
写真は、西湘バイパスに到着したFZR土井さん。

なんてこった!
 すべては私が悪いんです。
 ZZ−R軍団3台について行ってしまった。R1から乙女峠、と聞いていたが、途中で彼らが曲がった。近道か?と思ったら、アップダウンとヘアピンの連続する峠道。これはこれで面白かったけど、いやぁ速い速い! 途中で完全に見失ってしまったが、今回はナビがある。一人旅になってしまったが、迷うこと無く乙女峠に接続できた。途中で富士山を鑑賞していたリーダーと合流。休憩地点のコンビニへ到着した。
 私が途中でちぎられたZZ−R軍団は、更なる峠を目指していたらしく、ラストに到着。 現在10:30。何と速いペース...
 写真は、そのZZ−R軍団。人呼んで「黒い三連星」

秘密兵器登場!
 富士演習場をかすめて、いよいよ富士山へ。実はこの休憩で、秘密兵器を投入したのであった。
 今回から使い始めたデジカメ、ミノルタ ディマージュVは、レンズが外れる優れもの。これをフレームにマウントして、タンクバックに本体を入れると、別世界のような写真が撮れる、はず...。いざ使ってみると、レリーズが押しにくい。死を覚悟して撮った会心の一枚がこれ。予想以上の出来。今後の課題は、安全性と本体のマウントかな?

これが富士山
 次第にガスが出てくる。傾斜がきつくなる。ヘアピンが増える。いかにも高い山。更に空気が薄くなって、止まるバイク続出。みんな全然ふけない。しかも渋滞がひどいので、発進のたびにふかすふかす。これじゃぁマル走だよ。
 やっと五合目へ到着。それにしても寒い。ここでしばし歓談。よく見ると、ずーっと上の方に測候所が見える。
 矢印の部分、見えますか?

そして白糸の滝へ
 五合目での協議の結果、白糸の滝へ行くことに決定。今来た道を西へ向かう。この富士山スカイラインはおすすめ。結構道が整備されていて、車が通らない。ここでFZ山内さんとSpada清水さんがバトル!。後ろから何台か(一応私も)追撃したが、追いつけない。何でナナハンに250がついて行けるの?
 R139へ接続し、白糸の滝へ到着。ここで食事をして、滝を見物。写真の虹が見えますか?

再び乙女峠
 いよいよ帰路に着く。今度はR469を東へ進む。この道もおすすめ。最初は狭くてとんでもない道だと思っていたが、時々広くなる。車もあまり通らず(他に誰もいない、と言ったほうがいいか)結構とばせる。なんか今月、お勧め道路情報みたい。乙女峠のドライブインで一服。ここから西湘バイパスを経て帰宅。自宅に着いたのが19:30。久しぶりにハードな旅だった。