'97年1月度 成田山〜千葉マリンスタジアム

成田山。実におめでたい光景 マリンスタジアムで集合写真

年の始めは・・
 無事に新年を迎え、新春一発目の“風まかせ”。 新年早々だと言うのにしっかり集まっている常連の面々・・・ “相変わらずみんな良く来るな〜”と感心する中の一人が自分である事に気づかなかった。 FZ山内さんの提案により、年明け一発目と言う事で成田山に初詣に行く事にする。
 保土ヶ谷 PAから千葉に向かう場合、必ず使うのがベイブリッヂからの湾岸ライン。この日も幾つかのグループに分かれて出発し、湾岸最終の千鳥町インター出口に向かう・・・ 途中、渋滞のため少々混乱があったものの、リーダーを含む何人かを従えて目的地に到着してみると、先発している人達の姿が見当たらない・・・ 殿グループの先頭を走っていただけに、“目的地を間違えたか?”と責任を感じてしまう・・・ リーダーに相談すると、やっぱりこのポイントでいいとの事。 それじゃ皆はどこに行ったのか・・・? 仕方ないのでそこにいた数人を集めて少し先まで行ってみると、信号二つほど行った先の広めの路側帯に、大勢のバイクがある! 近付いてみると“風まかせ”の面々だった。

それは君が道を知っているからさ。
 ここで二つのグループに分け、成田山との中ほどに位置するコンビニを目指す事にする。 出発するといつの間にか先頭にされてしまい、仕方なく地図と格闘しながら進む・・・ 危なく道を間違えそうになったり(もう一方のグループは間違えたらしいが)、白バイの集団と出くわしたりしながら目的地に到着した。

昼夜の寒暖の差が・・・
 正月の割には暖かい日で、着込んでいた服を脱ぎ出す人が多かった。 ここで、前回 ZZ-R 250で参加の毛利姉さんが、ZZ-R 400に乗り変わっている事に気がつく。 事情を聞くと、盗まれてしまったので新しく買い直したらしい・・・ どおりで後ろからついてくる時に迫力が違ったわけだ!? おまけにこの姉さんは、オーバーパンツを履いているわけでもないのに、「下は 5枚重ねだから暖かい」との事・・・ 一体どんな風に着込んでいるのか? その答えは成田山で明らかに・・・

ようやく成田山に到着!
 ここからは割とまとまって進んでいたのだが、途中で FZ山内さんがコースをショートカットした辺りからバラけ始め、先頭集団は収拾がつかなくなりだす。 おまけにメットのシールド止めが脱落し、ガタガタ言い出したので、後ろの事を気にする余裕が無くなってしまう。 とりあえず FZ山内さんを追いかけ早目に目的地に着いてから、急いでバイク屋を探し、何とか応急修理を済ませた頃には皆は既に成田山に向かっていた。 一人待っていてくれた FZ山内さんと出発し、皆と合流。 そろって初詣に向かう。

回答。
 事故が無い様に・・・ 皆でしっかり祈る。まるで祭りの様な出店の中を、一種異様な集団として練り歩いた。 すると ZZ-R毛利姉さんが朝よりスリムになっている・・ 「ジーパン一枚脱いだの!!」 「・・・・」 ジーパンの上にさらにジーパンを履くとは・・ さすが“風まかせ”の一員だ!?

昼食はいつものように
 初詣でを済まして集合、食事のために近くのファミレスになだれ込む。 さすがにこの人数を収容するのはきつい様で、しばらく時間がかかった。 食後も各テーブルで話しが盛り上がり、なかなか出発しそうに無い・・・
 きっかけを作ると皆が一斉に表に出てきた。 簡単に写真などを撮った後、出発する。

まだ開幕ではないが
 次の目的地は千葉マリーンスタジアム。 ブルジョア軍団は高速を使うらしいが、貧乏ライダー FZ・TZR・FZR・RX・SPADAの 5人は一般道を行くため先に出発。 人数も少なく結構走る人が集まったので、一般国道をいいペースでひた走った。
 いつもの事だが、まあ FZの速い事速い事・・・ 前が空けばあっという間にすっ飛んでいってしまう。 つられて走っているうちに目的地到着。 ブルジョア軍団よりも早かった・・・ 高速でもすっ飛んでいた人がいたらしいが・・・

年の始めのジムカーナ
 スタジアム裏の駐車場に集まり、海を眺める。 集合写真を撮って皆でくつろいでいた。 一人一人とバイクの所に戻っていくので、後について行くと、既にジュースの缶をパイロン代わりにしてジムカーナが始まっていた・・・ 大型の人も豪快に倒し込んで走っている・・・ 一日走って来たのに元気やね〜!!

 一息ついた所で解散し、それぞれの帰路に就く・・・

※'97年1月号は、"SPADA"清水さんが寄稿してくださいました。
一年も前のことなのに、良く覚えてるなぁ