'96年12月度 千葉ツーリング

待ちかねたぞ湾岸組! 目的地(?)にて、はい、ポーズ!

寒い!
さすがに12月は寒い。しかしバイクは空冷、おまけにこんなに簡単に始動するなんて、う〜んいい気持ち。でも寒いぞ。これだけ寒いとさぞや参加者も少ないだろうと思いきや、揃いも揃った20人。他にやること無いの?

ふたまたでいこう
とりあえず目的地は「千葉」に決定。鯨を食いに行くとか行かないとか。しかし、誰に聞いても地図で「この辺」と指すばかり。アバウトだねぇ。
フェリーで一気に行くことになったが、台数が多いので全部収容できないのではないか、との意見。そこで、湾岸爆走組とフェリー組に別れることになった。うまくシンクロできれば時間差はあまり無いという計算だったのだが...

やっぱり迷った。
リーダー、私、他十数名は、フェリーで行くことに。ヘビー級の方々は湾岸コースとなった。フェリー乗り場までは、ほとんど一本道。ただし、高速を降りてから曲がる場所を間違えたらしく、迷ってしまった。その代わり、回復も早く。すぐにフェリー乗り場へ。
到着したら、何と今そこにいるフェリーが出発するという。これはラッキー。即座に乗り込み、一路、木更津へ。フェリーで寝る者、話す者あり。走行するうちに、着いたぜ木更津。鯨は近いぞ(怒られるかな...)

「来ないぞ」「寒いぞ」
木更津へ到着し、湾岸組を待つ。しかし、なかなかやってこない。日差しは暖かいのだが、風が冷たい。結局、湾岸組が到着したときには、12時を過ぎていた。何故かみんなダレてしまい、鯨の話はどこへやら、ファミレスで昼食と相成ってしまった。

プチ・ワインディング
最初の目的地がファミレスに変わってしまったので、急遽、首脳会議。その結果、以前に行ったことのある湖(名称不明、調査中)へ行くことに決定。ここまでは、短いがなかなか味のあるワインディングロードが続く。
で、目的地に着いたのだが、どうも記憶と違う。改めて地図を見ると、「ここじゃない」。最初の目的地選定から間違えていた。以前行った湖は、もっと南でした。ちゃんちゃん。
しばし歓談の後、日が沈む。帰路に着く。今度もフェリーと湾岸に別れることになった。私は、今度は湾岸組。今日は何か走った気がしない。ここで挽回せねば。

「ほんっとに寒いぞ」
湾岸組は、千葉東金道路を経由して、湾岸へ入ることに。途中、野呂PAで一休み。尼っりに寒いので、誰も走り出そうとしない。おまけに、こう寒いと、みんな思考も失せるらしい。ヘルメットを外においてきた!冷たい!曇ってる!どうしよう!
艱難辛苦を乗り越えて、自宅に着いたのは9時過ぎでした。