'96年3月度 熱海〜湘南平ツーリング

桜の木の下で 湘南平にて。今回は集合写真ばっかり

遅刻は罪悪なり
 まだ肌寒い 3月の第三土曜日、窓の外はきれいに晴れている。 ホントは 2月に参 加するつもりだったけれど、当日は降雪のため断念していたので、この日をとても楽しみにしていた。 後で聞いたことだが、雪にもかかわらずこの時も何人かの人が来ていたらしい・・・ とてもすごい集まりであることを実感する。

 朝 5時半に起き、バイクの整備をさっさと済まして 6時には家を出る。 集合場所である第三京浜保土ヶ谷パーキングには何度も行ったことがあるけど、こんな朝早くに行くことがなかったので、ちょっと飛ばし気味に行ったら 30分ほど早く着いてしまった。 まだ朝の 7:30だというのに、なんてバイクの多いことか・・・ 着けばなんとなく分かると思っていたのが間違いで、それらしき集団がいくつもいて、どれなんだか分からない。 しょうがないので、ジュースを飲みながら時間をつぶしていたが、集合時間の8:00になっても目印のリーダーが見あたらない! このあたりで不安がよぎる・・・
”もしかして今日は第三土曜日じゃないの?”
”実は集合時間が 7:00だったのか?”
そんな事を考えていた。 しばらく色々なバイクの集団を見ていると、いつまでたっても移動しない集団が一つだけある。 もうこれしかないと決めつけ、恐る恐る声をかけた
「あの〜、モーターサイクリストの ”風まかせ”の人ですか?」
「そうです、私たちが”風まかせ” です。 ごめんなさいね! リーダーは遅刻です。」
とのこと・・・

15分ほどでリーダー到着! 「はじめまして!」 ということになった。 すでに 2年目になるこの会は、はじめはごく少数しか集まらなかったそうです。 3〜4人で散歩したこともあるとか・・・ だんだん人数が増えてきて、今日は結構な人数だった。

目標は熱海なり
 ”天気もいいことだし、熱海まで桜を見に行くか!” ということになり、最初の目的地は、西湘バイパス 国府津 PAと決まる。 目的地がいまいち不安だったのと、まだこの会のシステムが分からなかったので、とりあえず”猫かぶって”おとなしい人を装い、ロバさんグループに入れてもらった。 かっ飛び組の人たちは早々に出発し、それに流し組、ロバさん組が続く。 ロバさん組はリーダーに従い、少々のすり抜けをしながら湘南へ南下、時折ダッシュするリーダーを追っかけて気持ちよく走っているうちに国府津 PAに着いた。
 西湘バイパスは海辺を走る気持ちのいい道で自分も前から好きだったのだけれども、今まで国府津PAに立ち寄ることがなかったので、”いいとこ知ったな!”と言う気分になった。 ここからまた、それぞれのグループがそれぞれのペースで熱海港を目指す。 早川から先、あえて国道をひた走り(節約、節約)、熱海港に着く頃には、同じ国とは思えないような暖かさになっていた。 桜はすでに散り始めていた。

桜の下で会食なり
 ここでお弁当タイム! 今回はコンビニ組とお弁当屋さん組に分かれ、それぞれで買い出しに行き、港の近く公園で会食。 悲しいことに箸をもらい忘れた自分に、短くなって使いにくくなるにもかかわらず、半分箸を分けてくれた CBR600Fさんありがとう! 食事をしながらみなさんと色々な話をした。

帰路もまた楽し
 まだ時間があると言うことで、熱海から椿ラインを登る。 みんなで連なってワインディングを攻め(?)、頂上の大観山に集合! 常連さんたちの早いこと早いこと・・・ さらに湘南平まで行くことに・・・ 1号を下って西湘バイパスには入り、料金所の先のパーキングに寄った後、津島”ヘアヌード”EX-4さん(MC誌で有名)の後に続いて湘南平に到着。 数時間前までいた伊豆とは大違いで、桜は咲くどころかつぼみが膨らんでもいなかった。 高台にあるだけに、けっこう寒い! そんな中、集合写真(かなりの大騒ぎ!)や住所交換をして ”今日は解散” となった。

感想
  今回初めて参加して、”なかなか面白い会を見つけたな〜” と言うのが実感! 結局、この日はほとんど名前も覚えずに、バイクの名前で呼び合っていました(これはこの後もあまり変わらない)。  バイク乗りだからこそ出来る事なのかもしれない! きっとまた来よう! そんな気持ちになりました。

※'96年3月号は、既に常連さんとなった清水"SPADA"さんが寄稿してくださいました。