OPNAデータ吸出しツール



OPNAが出力するデジタル信号を吸い出すツールです。
4094Bを直列に繋いでYM2608が出力するシリアルデータを16bitのパラレルデータとし、
SH=Lでラッチした後にパラレルポートから取り出すというものです。
吸出し機は双方向パラレルポート搭載したAT互換機を想定しています。

回路図

部品表
品名型番個数
CMOS IC4094B2個
74HC041個
セラミックコンデンサ0.1uF3個
抵抗10k4個
コネクタDsub25pオス1個
ICクリップ小さいもの5個



ソフト名
OPNAデータ吸出しツール Ver0.1

対応機種
Windows95上のDOS窓

ファイル
opnaex.lzh 17,214 Bytes

内容
OPNAのデジタルデータを吸出してWaveファイルとして出力するものです。
ソース付き。




PC-88VA3に繋いで吸い出し中の様子
実際にはDACのYM3016に接続しています
YM2608はSDIPなのでピン間が狭く、普通のICクリップで信号を取り出すのが難しいためです
YM3016のピン配置はΦs = 5, OP-O = 4, SH1 = 8です
GNDとVccは周りの石から適当に取ってください


リズムデータの作成
BASICでこんなプログラムを作ればいいでしょう。
10 A=&H11:D=&H3F:GOSUB 100 20 FOR A=&H18 TO &H1D:D=&HDF:GOSUB 100:NEXT A 30 K$=INKEY$:IF K$="" THEN 30 40 P=VAL(K$):IF P>5 THEN 30 50 A=&H10:D=2^P:GOSUB 100:GOTO 30 100 OUT &H44,A:OUT &H45,D:RETURN 数字キーの0から5を押すと音が出ます。
これを順番に、2608_bd.wav, 2608_sd.wav, 2608_top.wav, 2608_hh.wav, 2608_tom.wav, 2608_rim.wav
として保存すればOKです。
このデータのプロパティを見ればわかる通り、サンプルレートは55.5kHzになっていますので、
M88のオーバーサンプリングにも対応できますね:-)


[HOME] [NEW] [BBS] [EMULATOR] [HARD] [LINK] [MAIL]