DELL Dimension 5150C/9200Cの熱対策


本文へジャンプ




ファンを追加する

DELL 5150C/9200Cは、フロントのファンで取り込んだ空気を整然と後方に流し、CPU、ハードディスクドライブの順に効率よく冷やす設計になっています。けれど、PCケースの容量が小さいために、どうしても熱がこもりがちです。特に、ビデオボードを追加した場合は、HDDの直下に大きな熱源であるGPUを抱え込むため、HDD、GPUとも熱の影響を受けあうものと思われます。

ノーマルでは、ファンの向きが・・逆なのか?

 さて、ここからは熱対策です。ノーマルのDELL 5150C/9200Cの場合、2つのファンを使って、写真の水色の矢印のように空気が流れています。前面のファンでまずCPUを冷やし、その後、HDDへ。電源のファンは背面の空気を拾ってケースの中へ排出。なんだか問題ありませんか
 アチコチの掲示板でも書かれていましたが、電源冷却用ファンの向きが逆なのではないか? という説。この状態ではCPUと電源で暖まった空気が、HDDのあたりで合流し、逆に暖めてしまうのでは? というわけです。さりとて、電源ファンがPCケース内の空気を吸い込むと、電源が十分冷やされないのでは・・という不安もあります。

※後期型のDELL 9200Cは電源ファンの向きがケース内から外へ流れるように変えられたという噂もあります。
真偽は未確認です


 

 もう1つは、ハードディスクの下、PCI-EPCIスロットの熱問題。ビデオカードや、テレビチューナーカードを増設している人も多いと思いますが、過密にパーツが詰め込められます。しかも、この部分には、空気の流れがないのです。

 特にビデオカードは発熱量が多いですが、デル購入時の選択でファンレスを選んでいる人も多いのでは。試しにしばらく使ったあとサイドカバーを開けて、ヒートシンクに触ってみてください。きっとどえらいことになってます


管理人はファン付きのGALAXY nVIDIA GF7300GTをつけましたが、それでも熱い。サイドパネルを触ってみると、未装着時より明らかに熱くなり、真冬の使用でも、ドライバ読みでGPU75C。直上のHDDはその熱をもろに受けるわけで、やっぱり心配でした。


※余談ですが、デルの某ショールームで「9200Cにビデオカードを増設して、熱は問題ないですか」と質問したところ、対応してくれた人は、「大丈夫ですよー」と笑顔でサイドパネルを開けてくれたのですが、ファンレスのヒートシンクに自ら触れた途端、「うわっ」という感想をもらし、即座に、「ビデオカードを搭載なされたいなら、こちらがお勧めですよー」と9200のほうに連れていかれました(苦笑)。また、電話でデルのサポートに聞いたところ、デルの公式コメントではないと前置きをした上で、「個人の意見としてファン付きをお勧めします」ということでした


吸気用5センチファンを増設する

 対策として、写真のようにファンを一つ追加しました。1センチ程度の発砲スチロールを台にすれば、5センチファンが収まります。見た目にこだわらなければ小学生の工作程度の努力でできますし、ケース内に手を加える必要もなく、設置できます。
↓↓↓

DELL 9200Cは、マザーボードのフロントファン電源用コネクターの取り付け位置が、DELL 5150Cとすこし違うのですが、同じようにできると思います。ファンの電源はon/offスイッチをつけて外部ACアダプタから取りました。 

 ファンをダブルにして実験中の図。いろいろ実験しましたが、ケース内の空気をビデオボードに強く吹き付けるより、フロント吸気口のすぐそばに置いたファンで、なるべくケース外部の空気を、PCI-Eスロット方向に流すのが一番冷却効率がいいようです。GPUが6から8度下がりました。


背面に排気用ファンを増設

 フロントにファンを1つ増設するだけで効果はありますが、もうひとつの問題、「HDD付近で暖かい空気が溜まる」ことが解決されていません。そこでケース背面にファンを設置してみました。

 背面のパネルには全面に穴が開いていますが、実際にケース内の空気が抜ける面積は小さく、ケースの上のほうだけです。そこに冷却ファンをビス止め。PC内部の空気を強制的に外に排出します。ただし、設置したファンで、マイクの端子などが使えなくなります。私個人はスピーカー用の出力端子しか使っていなかったので、5センチファンなら、そこを覆うことなく使えました。


 背面ファンの増設には、PC内部の熱を効率よく外に排出する以外のメリットもあります。PC背面の一番上には電源冷却用の空気の取り込み口があります。ノーマルの状態では、PC内部の暖まった空気は、背面からゆるゆると出てきて、そのまま上に昇ってしまいます。電源用ファンは、その暖まった空気をそのまま拾ってしまうのです。ファンをつけると、暖まった空気を遠くまで飛ばすので、電源冷却用の空気吸入口付近の温度は明らかに下がります。

 



完成したDELL 5150C

 以上の2つのファンがあるとナイでは、ハッキリした違いが出ます。ファンは安いものなら1個700円くらいで大したお金はかかりませんし、サイドパネルを開けるだけで、PC本体の加工は一切必要ありません。トライしてみてください。