ふたりっ子感想戦
On dit des jumeaux qu'ils sont l'incarnation des anges.

画・加藤潤子
はじめに
 1996年10月7日、8時15分、NHK朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』のOAが始まった。
(正確にはBSで、7:30から始まっていたが…)このドラマは様々な反響を呼び、たくさんの
感動を残した伝説の朝ドラとなった。朝ドラとしては、「おしん」以来の大ヒットといえるだろう。
またBK(NHK大阪放送局)制作の朝ドラとしては、最大のヒットではないかと思う。

 本ページは、『ふたりっ子』を多角的に分析し、その制作過程や背景、収録当時の様子など
を残されている本や雑誌等から資料をかき集めて、僕なりの解釈を付け加えてまとめたもの
です。よって、実際とはズレが生じるところがあるかもしれないことを前提として頂きたいと思い
ます。もし、「それはちゃうで」という箇所があれば、下記フォームからどうぞご連絡ください。


 
「感想戦」とは将棋の対局後、戦い終えた棋士たちが、今の対局を振り返って検討しあうこと
を言います。朝ドラ『ふたりっ子』がクランクインした3年前の今日、6月11日を記念して僕が
見た『ふたりっ子』を振り返って行こうと思います。  1999.6.11
・・・・のページ桂枝雀さんと河島英五さんに捧げる。
Since1999/6/11

第一局 ふたりっ子ができるまで 企画開発から制作・放送開始までを振り返ってみます。
こんな感じで『ふたりっ子』は作られて行ったようです。
第二局 出演者たちの横顔 出演者たちの視点から『ふたりっ子』を見てみました。
それぞれのキャストを掘り下げてみます。
第三局 創造した人たち スタッフにも様々な人たちがいました。脚本の大石静さんや演出の長沖渉さん。
長沖渉さんの父、長沖一さんから上方文化についても考えてみます。
第四局 将棋と豆腐 『ふたりっ子』は将棋と豆腐のドラマでもありました。
本物のプロ棋士、豆腐職人が見たふたりっ子を振り返ってみます。
第五局 ふたりっ子までのドラマ 『ふたりっ子』誕生に関連していると思われるドラマをご紹介します。
また、朝ドラについてもご案内しています。
2008/6/1
第六局 ふたりっ子ロケ地探求記 ドラマや映画はロケ地を訪れることで、いろんなことが体験できたり
感じられたりします。特に『ふたりっ子』のロケ地は。
第七局 そしてすべては思い出に 放送後半の様子からクランクアップ、そして放送終了まで。
その後の反響から今日に至ってみます。ふたりっ子年表や参考資料のご紹介。


更新記録

第1回 1999.6.11 祝・ふたりっ子感想戦、部分開通!
第2回 1999.6.27 第二局の開始!まずはオーロラ輝子から。
きょういちさん(永遠の朝ドラ)ともピンポイントリンク開始!
第3回 1999.8.15 第五局の開始!朝ドラ一覧表。第二局の模様がえ。
第一局、あらすじの第3週UP!
第4回 1999.9.1 第一局、あらすじの第4、5週UP!
第5回 1999.9.19 第三局の開始!まずはBKです。
第一局、あらすじの第6、7週UP!そして模様がえ。
第6回 1999.11.6 第一局、あらすじの第8、9週UP!
第7回 1999.11.13 第一局、あらすじの第10、11週UP!
第8回 1999.12.1 第六局の開始!ロケ地です。
第9回 1999.12.24 第二局、ふたりのヒロイン紹介
第10回 2000.1.4 第一局、あらすじの第12、13週UP!
第11回 2000.1.14 第二局、まなかなちゃんの紹介
第一局、あらすじの第14、15週UP!
第12回 2000.2.20 第一局、あらすじの第16、17、18、19週UP!
第13回 2000.3.5 第一局、あらすじの第20,21週UP!と、リニューアル。
第14回 2000.5.14 第一局、あらすじの第22,23,24週UP!
第15回 2000.6.11 第一局、あらすじの最終週UP!
第16回 2001.1.6 第四局!将棋とお豆腐のお話です。
第17回 2001.6.3 最終、第七局!総括です。そしてリニューアル。
第18回 2002.1.27 第六局、七局を一部訂正しました。

このホームページに関する、ご感想、お問い合わせ等は下記までお気軽にどうぞ。
                        
あなたのお名前

ご感想 100文字程度

あなたのメールアドレス

入力内容を確認後、下のボタンを押してください


メインメニュー 存在の深き眠り うちのいぬ ひとあるき リンク集

Since1999/6/11