・大東流のなりたち


大東流の名が伝書に初めて現われるのは清和天皇時代(九世紀中〜後期)。清和源氏に代々伝わり、新羅三郎源義光の代に完成されたと言われています。義光公は賊兵の死体を解剖して、その骨格から逆極め手の技や、当て身・殺法の術を研究。また、女郎グモが巣の上で獲物を雁字がらめにする手練の技にヒントを得て、「合気」を体得したとも伝えられています。その後、子孫が甲斐武田に住み、武田姓を名乗るようになった後も家伝の武芸として伝えられ、天正二年(1574)に武田国継が会津に下った後は、会津藩の「御止め技」すなわち門外不出の秘伝技となりました。



・「大東流中興の祖」武田惣角


明治維新後、大東流は武田家の子孫、武田惣角(1860〜1943)が受け継ぎ、世に広めることになります。惣角は、父惣吉から大東流の技法を、会津藩の元家老保科近悳(西郷頼母)からは御式内を学んだほか、剣術・杖術・棒術・槍術など各流派の技法も習得し、鍛練に鍛練を重ねました。やがて大東流合気柔術と小野派一刀流の二流を名乗って、全国を行脚して技の普及に努めます。以降、稀代の達人として名を馳せ、当時の名士・官吏・軍人・武道家など、数万に及ぶ門人に教授した実績から「大東流中興の祖」とも称されています。

武田惣角(昭和14年頃)
 

Copyright 2001-2003 DAIBUKAN Dojo, All Rights Reserved