Eng



相対性理論は完璧に間違っていた!



ガリレイの相対性原理も完璧に間違っていた!



ガリレイの相対性原理とは、端折って言えば速度決定法でありますが、速度というのは 相対的であると主張しているから相対性原理なのです。

しかし、これっておかしいでしょう。

例えば駅から時速300キロで走る新幹線を見れば、走っているのは新幹線である。

これは誰でも認める事実です。しかし、新幹線の窓から見れば、走っているのは地上であり、 逆向きに時速300キロで地上が走っているように見える。

ゆえに速度というのは相対的であり、絶対的には決定できないと言っているのがガリレイの相対性原理 です。

おかしい話ですね。どう見ても走っているのは新幹線です。新幹線の窓を閉めてしまえば 地上が走っているか、どうかを確認することはできません。

等速直線運動は静止と物理的には同じものです。ということは、窓の外を見れない新幹線の 中の乗客はこの新幹線が動いているのか、どうかさえ確認することはできないのです。

新幹線の中の乗客から見れば何も動いていない、絶対静止しているとしか言いようがない車内の 空間が見えるだけです。確認できない以上、中の乗客にとってはこの新幹線は静止していると決定 するしかないのです。

全然相対的ではないですね。速度というのは絶対的に決定するしかないのです。 絶対性原理こそが正しい原理なのです。



絶対静止していると思われていた、地球も動いていることは地動説によって明らかになった。 だから動いていると思われる新幹線が静止していて、地球が動いていると考えてもいい。

これがガリレイの言い分ですが、ちょっと待ってくださいよ。そもそも等速直線運動は静止と 物理的には同じだと言い出したのはガリレイですよ。ならば遠大的には等速直線運動している 地球は静止していることになります。

にもかかわらず、舌の根も乾かないうちに、地球も動いていると言い出すのは矛盾していますよね。







世界的な間違いです。ニュートン力学の結論である、水平投射と自由 落下は同時に落下するという理論は間違っていることが判明しました。

まず、この動画を見てください。バッグを落としたり、落とさなかったりしています が、ボールが発射されてからバッグを落としているにも関わらずボールはバッグに 当たっていません。しかし、これって常識です。



ENTER


有効射程距離が秒速1000m、最大到達距離が1.5秒で1500mのライフルを4.9mの高さから 撃つとします。
1500m先の4.9mの高さから、同じ弾丸を垂直に落とします。
水平にライフルを同時に撃てば、弾丸は1.5秒後に到達落下します。 しかし、垂直に落とした弾丸は0.5秒も前に落ちている。よって、 ニュートン力学の結論である、水平投射と自由落下は同時に落下すると いう理論は間違っていることが判明しました。

理論的に水平投射と自由落下は同時に落下しないのです。

以下のサイトのように、水平方向は慣性の法則により等速運動であるとしているが、 全くの間違いである。

>また,水平投射と斜方投射において,水平方向の運動は等速運動になりますが,その
>理由も述べておきます.この2つの運動において,重力は鉛直方向にはたらき,水平
>方向には何も力がはたらいていません.故に,水平方向は慣性の法則により等速運動
>を行うことが理解されます.

「これまでは鉛直方向に初速度を与えていたが、水平投射では水平方向に初速度 を与えている。重力が働いていないとき、物体は水平方向に等速直線運動をする」

ENTER


ニュートン力学では、水平投射は等速直線運動としているが、そんな単純なものでは ない。ライフルを撃つような水平投射は最初等加速度運動、等速直線運動、等減速落 下運動というややこしい運動をして落下に至るものである。従ってニュートン 力学の一部に誤りがある。

まずガリレイが間違った相対性原理を構築し、ニュートンもその間違いに気づかず 水平投射と自由落下は同時に落下するとしてしまったため、アインシュタインは 時間が遅れる、なんて言うとんでもない理論を作ってしまった。

信じがたいことにそれが現実であり、事実です。



あなたの目から鱗は落ちましたか?




















ENTER