三味線譜テンプレート(Dynamic Draw用)
【 Windows 2000/XP/Vista/7/8.1/10 】

基本的な使用方法

ドローツール(線や図を描く為の作画ソフト)を使用すれば、三味線用の譜面を見やすく奇麗に書く事が出来ます。
そして、三味線譜テンプレート(Dynamic Draw用)を利用すれば、ドローツールの操作に慣れていない方でも簡単な基本操作 だけで、三線譜(文化譜)を清書する事が出来ます。
印刷イメージ(Ver.08使用)

※ Dynamic Draw と「三味線譜テンプレート」を使わず、
三線紙だけ印刷して、譜は手書きで作成したい方は、
三線紙(A4)印刷用PDF(手書き譜用三線紙セット.pdf)をどうぞ。


目 次

1.準備
2.準備が整ったところで・・・・・
3.三線を配置します
4.三線を固定させます
5.文字部品の配置と入力(変更)
6.三線に部品を重ねて配置します
7.配置した部品の簡単修正方法
8.歌詞の入力
9.印刷プレビュー
10.印刷
11.縦書き歌詞の配置方法
12.縦書き歌詞の配置方法(続き)
13.シート追加とレイヤー追加設定方法
14.保存について

【準備】
Dynamic Draw のインストール及び、三味線譜テンプレートの展開(解凍)が完了している
場合は、
次へ進んで下さい。

三味線譜テンプレートは、Dynamic Draw(フリーウェア) がインストールされていないと使用できません。 先ず、Dynamic Draw を入手して下さい。
但し、三味線譜テンプレートver11 からは、Dynamic Draw 4x 以前では使用できませんので、
必ず Dynamic Draw 5 以降【 Windows 2000/XP/Vista/7 】 をダウンロードし、
インストールしてください。
Dynamic Draw 5.2 以降ならば、ダウンロードしたファイル( 〜.msi ) をダブルクリックし、 案内に従って進めるだけで簡単にインストールが完了します。
Dynamic Draw 最新バージョンは Windows10 でも動作します。

※ 旧バージョンの Dynamic Draw で作成し保存したファイルでも、新バージョンの Dynamic Draw で 読み込んで編集できます。


★ Dynamic Draw をバージョンアップする場合は、旧バージョンの Dynamic Draw を
アンインストールしてから、新バージョンをインストールして下さい。

★ Dynamic Draw 〜 のアンインストールの方法は・・・・
1. 実行中のソフトウェアは、すべて終了します。
2. コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」を開きます。
3. 「Dynamic Draw 〜」を選択し「追加と削除」ボタンをクリックします。


次に、三味線譜テンプレートを Bone'sフリーソフト からダウンロードします。
このファイルは圧縮ファイル(ZIP形式)にしてあります。
展開(解凍)して出来た三味線譜テンプレートフォルダの中には、
三味線譜テンプレート_ver〜フォルダと
三味線譜テンプレート使用方法インターネットショートカット、fu_read.txt が入っています。
この _ver〜フォルダの中には、三線紙設定済のテンプレートファイルを多数収めてあります。
Dynamic Draw 5 以降のインストールが完了していれば、これらのファイルをダブルクリックしただけで実行画面が現れます。
初回の起動のみ、インフォメーションが表示されます。

次へ
10 11 12 13 14

Bone'sフリーソフト Bone'sフリーソフト

[TOP PAGE] [FREE SOFT] [PROFILE] [BONE'S BBS] [BONE'S LINK]