毛丹青

毛丹青プロフィール

マオ・タンチン  北京に生まれ。
北京大学卒業。1987年初来日、現在神戸市在住。

中国語著書のほか、『歎異抄』の中国語訳を北京で出版、日本語も『にっぽん虫の眼紀行』(法蔵館・文春文庫)や『にっぽんやっぱり虫の眼で見たい』(朝日新聞社)などがあり、『仏教タイムス』に連載中のエッセイは多くの読者の支持を得ている。

1999年 神戸第28回ブルーメール文学賞を受賞。
サイト『毛丹青的大陸』は『Web年鑑1999』に入選

現在、文学・演劇・音楽などの日中文化交流の最前線で縦横多彩に活動している。2009年4月から神戸国際大学教授に就任



◆ 『読売新聞』記事 平成9年4月18日夕刊

この記事を書いてくださった『読売新聞』大阪本社の若手記者
井上英司さんは、平成9年の暮れにガンのため、お亡くなりに
なりました。ご冥福を祈ります。




< < B a c k



Copyright(C)